トップページ

誕生寺は、建久4年(1193)に法然上人の弟子・熊谷直実(熊谷法力房蓮生法師)によって、 法然上人生家・漆間家の屋敷跡に寺院として建立されたのが始まりです。 

トピックス

  • 令和6年(2024)は、「浄土宗開宗850年」の年になります。誕生寺御本尊は法然上人が立教開宗(浄土宗のはじまり)の時の御姿で、法然上人自らが刻まれたことから「自刻御影(じこくみえい)」とも呼ばれています。
  • 現在の御影堂(本堂)は元禄8年(1695)再建で3代目となり、山門と共に国の重文指定を受けています。

ニュース

2022年01月16日
サイトをリニューアルしました