本文へスキップ

史跡 法然上人御誕生之聖地

ご参拝のご予約・お問い合わせはTEL.086-728-2102

ご予約はこちら

境内案内the precincts

本堂(御影堂)

温泉イメージ

建久4年(1193年)熊谷法力房蓮生(くまがいぼうりきぼうれんせい)が創建。天正7年(1579年)に宇喜多直家によって2代目の本堂が破壊される。現在の本堂は3代目となり、元禄8年(1695年)の再建である。


阿弥陀堂

館内施設イメージ

実心大徳によって元禄年間(1688〜1704年)に建立された。現在の阿弥陀堂は平成15年に浄土宗ご寺院をはじめ有縁の方々の協力により再建。


娑婆堂

館内施設イメージ

地蔵尊めぐりのご本尊は、山門手前300メートルに位置する娑婆堂にまつられています。お堂には、御本尊として1体の地蔵尊を祀っており、その他、左右に
 1.檀陀(だんだ)地蔵       →地獄道を化す
 2.宝珠(ほうじゅ)地蔵      →餓鬼道を化す
 3.宝印(ほういん)地蔵      →畜生道を化す
 4.持地(じち)地蔵        →阿修羅道を化す
 5.除蓋障(じょがいしょう)地蔵  →人間を化す
 6.日光(にっこう)地蔵      →天道を化す
 と名付けられた六地蔵を祀っている。お堂上部壁面には「賽の河原図」が施されている。毎年4月の第三日曜に奉修されるお会式では現世、娑婆世界と仮定される。      

毘沙門堂

館内施設イメージ

大和の信貴山より勧請されたものと伝わる。毘沙門天は仏法の護法神で、十二天の内の北方の守護神で福徳富貴の神とされる。


     

観音堂

館内施設イメージ

初代津山城主・森 忠政公(森 蘭丸の弟)より寄進をうける。建立は寛永8年(1631年)頃と伝わる。堂内には聖観音像を祀っている。当山第15代通誉上人が八百屋お七の供養をしたことから、別名「お七観音」とよばれている。


     

御廟(勢至堂)

館内施設イメージ

勢至菩薩を中央に安置し、その両脇に法然上人の両親の墓がある。ここには法然上人産湯の井戸がある。また、墓地には森大善亮重政(森 忠政公の長男)と森光政公養母大野木殿(柴田勝家の娘)の墓がある。


     

宝物館

館内施設イメージ

昭和44年(1967年)新竣工された。館内には以前に本堂に安置していた「阿弥陀如来像」(立像)や安土法論の拝領品である「太閤釜」など数点の宝物が展示されている。拝観料はお一人200円となります。





 誕生寺七不思議へ    

  
  ※当ホームページ内の全画像の無断使用、複製、加工を禁じます※

店舗写真

information情報

浄土宗特別寺院 美作 誕生寺

〒709-3602
岡山県久米郡久米南町里方808
TEL.086-728-2102
FAX.086-728-2162
→アクセス